岐阜県特別支援学校体育連盟

各校の取り組み


大垣特別支援学校

部活動の紹介

フライングディスク部

目標:「思いやりのあるパスを!」
  • 相手のことを考えた行動ができる人になれるように、日々の行動を心がけて活動を行っています。
  • 相手を思いやり、取りやすいように投げられれば、綺麗な回転でまっすぐディスクを飛ばすことができます。
  • 気持ちを乗せたディスクが投げられるよう、全員で取り組んでいます。
活動の様子
フライングディスクを投げる写真

アキュラシー
相手がいると思って真っすぐ投げることを意識しています!

フライングディスクを投げる写真

ディスタンス
身体をひねって勢いをつけてグラウンドの端まで届かせるつもりで投げています!

もっと遠くへ、もっとたくさんゴールに入れられるように仲間と切磋琢磨して練習をしています。先輩・後輩関係なくみんなで声を掛け合いながら、とても明るい雰囲気で活動しています。


バスケットボール部

目標:「応援してもらえるチーム」
  • 挨拶をすることやチームのルールを守ることを大切にして活動しています。
  • 楽しい雰囲気の中、「上手くなりたい!」と一生懸命、練習に取り組んでいます。
活動の様子

バスケットボールのシュートの写真
新入部員が入部し、先輩が優しく教えてくれています。

バスケットボールのシュートの写真

シュート練習では、ゴールの枠を狙ってシュート練習をしています。

バスケットボールのドリブルの写真
基本練習を中心に取り組んでいます。

現在、新型コロナウイルス感染症の影響で、思うように練習や試合ができない中ですが、基本的な練習に取り組み、技術力の向上を目指しています。部員たちは部活動を楽しみにしており、自主練に取り組んでいる姿もたくさん見られています。


サッカー部

目標:「自立した、応援される人間性の育成」
  • 自らあいさつを相手に聞こえる声ですること。(相手に聞こえる声でないと思いは伝わらない)
  • 整理整頓を常にすること。(自分の荷物も管理できない選手は、自分のポジションも全うできない)
  • 授業(実習)等は、必ず出席し、適した態度で受けること。(気持ちで左右される選手は、試合中のプレーに表れる)
活動の様子
サッカーのシュートの写真

サッカートのラップの写真
今年度は、満足のいくような活動が実施できない状況ですが、部員が一人一人できることを考え日々の練習等に取り組んでいます。

過去の活動記録

平成30年度の記録